私も妊娠を機にペーパードライバーを克服しました

20代 主婦です。免許の更新取得から早9年。ペーパードライバーでしたが妊娠を機に克服しました。
私は昨年の9月に赤ちゃんを無事出産しました。まず、ペーパードライバーを克服しようと思った理由なのですが、ひとつは今後子供が保育園や学校などに通う場合、いずれ送り迎えが必須になると思いました。
もうひとつは、妊婦でおなかが大きくなったりつわりが来たりして歩いて買い物をしたり、重いものを持って帰ったりするのが難しくなるだろう、と思いました。
私の場合、一昨年の1月に妊娠が発覚し3月にはお仕事を辞めました。元々ペーパードライバーで、運転自体ほとんどしていなかったのですが、お腹が大きくなる前につわりなどがあり電車に乗れなくなった為、必然的に車移動になりました。つわりはありましたが自分で運転すると不思議と気持ち悪くならなかったのです。電車移動で妊婦さんがマタニティマークをつけていても、席を譲ってもらえることはほとんどなく、座れないこともしばしばです。(電車に乗る時間帯などにもよるかもしれませんが)私も、席を譲ってもらうのは当たり前とは思わないのですが、これほどまでに妊婦がいても無関心なのか、と思うほどで、妊娠中は電車は乗りたくないと思いました。しかし、恥ずかしながらペーパードライバーですのでいきなり知らない道や長時間の運転は出来ませんので、最初は練習がてらよく行くスーパーとかコンビニへ行ってました。やはり毎日毎日運転していると慣れて来ますね!やはり車は快適で便利です。特に冬と夏、雨の日なんかは歩きだと厳しいです。でも妊娠中、家事もしなくてはいけなかったりずっと家に篭っているのもあまり良くないので、私は妊娠を機に運動が上手くなりました!つわりがひどくて寝込んでいた私ですが、車を運転するようになると外出も増えていい気分転換にもなりましたよ。ただ、臨月近くになったらさすがに運転は控えましたが…(笑) 妊婦さんは運動も大事ですので、歩くことも大切です。お散歩も気分転換になりますよ。人生で妊娠、出産て何度も経験できることではないので、とても貴重な時間だと思います。つわりや、お腹がおおきくなると腰が痛かったり、辛いと思う事や出産後の不安もあるとは思いますが、産まれてきたかわいい赤ちゃんの顔を見るとがんばってよかったときっと思えますよ!車は私に有意義な妊婦生活を送らせてくれました(笑) ペーパードライバーを克服して有意義にお過ごしください。